TOKYO CUT CLUB KODAMA 石神井店

石神井店情報×スタッフ2人によるブ・ロ・グ☆

2010年10月

☆成分表示のルール

化粧品の成分表示は、箱の裏側や側面など、分かりやすい場所に記載します。また、化粧品の成分表示は配合量の多い順番に表示します。
配合量が1%以下の成分は順不同で、最後に着色料が表示されます。

成分表示をチェックするのもオススメですよ。

シャンプーや洗顔料など自分に合うものをお選びください。

お役にたてば幸いです。


☆市販シャンプーの特徴

シャンプーには、高級アルコール系のものがあります。

これらは、スーパーやドラッグストアーにたくさん陳列されているものです。

界面活性剤にラウレス硫酸ラウリル硫酸をメインに使われているものが特徴です。

洗浄力がとても強く泡立ちがよいです。

しかし、その反面洗浄力がとても強いあまり、頭皮に必要な皮脂まで取り除いてしまう事もあるので、フケや痒みのを引き起こしてしまう原因になることもあります。

界面活性剤自体が頭皮に刺激を与え過ぎてしまうこともあるので、
薄毛を気にする方や育毛ケアをされる方にはオススメしません。

お役にたてば幸いです。


☆薄毛の人に合うシャンプー

日頃お使いのシャンプー。

そのシャンプーにもいろんな種類があります。

薄毛の人、または育毛のためのシャンプーとしては、アミノ酸系のシャンプーが一番いいと言われています。

アミノ酸系シャンプーは界面活性剤にアミノ酸成分をメインに使われているものです。

髪の毛と頭皮に一番低刺激でキメ細かい泡で優しく洗いあげます。また皮膚と髪の毛はたんぱく質(アミノ酸)で形成されているため、髪と頭皮に栄養を補給しながら洗髪ができるのです。

また、洗浄力も程よく、頭皮に必要なぶんの皮脂を残しながら毛穴の汚れをとりのぞく「選択性洗浄」が可能なシャンプーなのです。
うちのサロンの
プロサイエンスシャンプーのAMT(ココイルメチルタウリンナトリウム)もアミノ酸系に属します!

お役にたてば幸いです。


☆育毛にメチオニン

メチオニンとは、体内で生成できない必須アミノ酸で髪の毛の材料となります。
メチオニンは世界的にも認知されてる、「山田養蜂場のローヤルゼリー」などにも使われています。

また、亜鉛も含まれているので、体だけじゃなく髪のケアにも一役かってくれそうです。

また、亜鉛とメチオニンを併用してとると、ストレスに強い体作りをしてくれるそうです。

お役にたてば幸いです。



☆抜け毛の原因

髪の毛が抜ける原因には、頭皮の状態や生活習慣の変化、ストレスなど、さまざまなことが考えられます。

【頭皮の汚れ、皮脂、ふけによるもの】
皮脂やフケなどが頭皮に溜まると、毛穴をふさぎ毛根の成長を妨げてしまいます。また頭皮の汚れによって、頭部に住み着いてる常在菌が異常に繁殖してしまい、毛穴から入り毛母細胞の成長を阻害します。

【食生活によるもの】
欧米型の食生活をおくることで、高カロリー、高脂肪となり頭皮の毛細血管がつまってしまいます。毛細血管がつまってしまうことで毛母細胞に酸素や栄養が行き届かず、抜け毛が起きます。アルコールの多量摂取も悪影響を与え、髪の成長を妨げてしまいます。また健康な髪の元となる良質なたんぱく質の不足によって、毛母細胞の働きを低下させてしまうことも、抜け毛の原因となります。

【ストレスによるもの】 強いストレスによって自律神経のバランスが乱れると、血行の流れが悪くなり毛母細胞に栄養が届きにくくなります。

また免疫細胞が増えることで、毛母細胞を攻撃してしまい、髪の毛の成長をそがいします。

【枕や寝具の汚れによるもの】
枕や寝具は汚れがたまりやすく、細菌などが繁殖しやすい環境です。
そのまま使い続けると、細菌が毛穴から入り毛母細胞に影響をおこし、抜け毛がおこります。

日頃お使いの寝具にお気をつけ下さいね。

お役にたてば幸いです。




blog search
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ